クレムドアンに含まれる天然界面活性剤って?

クレムドアンに含まれている天然の界面活性剤というのはどのようなものなのでしょうか。

そもそも合成界面活性剤って?

合成界面活性剤というのは一般的な市販のシャンプーに使用されているものです。
クレムドアンに興味を持っている方は、髪の毛や頭皮に負担の少ないものを探していると思いますので、合成界面活性剤についてもある程度ご存知だと思います。

合成界面活性剤とは、汚れを落とす効果は非常に高く、汚れをきれいに洗い流します。
シャンプーですから、短時間で多くの汚れをスピーディに落とせるのは魅力的です。

しかし合成界面活性剤は頭皮をはじめ皮膚に負担をかけやすいということが分かってきたのです。
合成界面活性剤の多くは、食器用洗剤と同じ成分が含まれています。
そのような成分が頭皮に負担をかけてしまうのです。

・石油系界面活性剤
・高級アルコール系界面活性剤
・石鹸系界面活性剤

この3つは特に皮膚に大きな負担をかけてしまうのです。
石油系界面活性剤に該当する成分として代表的なものは、スルホン酸Naやラウリル硫酸Naなどです。

高級アルコール系界面活性剤は、ラウレス硫酸Naなどです。
石鹸系界面活性剤は、タウリン酸Naなどが該当します。

現在使用しているシャンプーにこのような成分が表記されていると皮膚に負担がかかっていると考えて良いです。

ではこのような界面活性剤が含まれていなければ良いのか、といえばそうではありません。
お肌に負担がかかるのは、合成界面活性剤です。
界面活性剤が入っていないと、汚れをきれいに落とすことはできません。
汚れを落とすために何度も何度も洗髪しなければならなくなります。
そのため、界面活性剤を使用しないのではなく、合成界面活性剤が使用されていないものを選ぶ、というのがポイントです。

クレムドアンに使用されている界面活性剤とは

クレムドアンに配合されているのは天然の界面活性剤です。
危険な界面活性剤ではなく、天然の界面活性剤です。

使用されているのは、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルという天然由来の界面活性剤です。
皮膚への刺激がとても少なく炎症を起こすリスクを最小限に押さえています。
安心して使用できる界面活性剤なのです。

毒性に関する研究も行われているもので、毒性は極めて低いということが分かっています。
ヤシ油には汚れを落とす働き、そして髪の毛のきしみを抑制する効果があるとわかっています。
そのため、クレムドアンを使用することできしみのない髪の毛を作ることができます。

また、ポリソルベート60は、食品添加物として使用するのが主で、日本においても認可されている安全な成分です。
クレムドアンはクリームのような状態を維持できるのはこの安全な成分であるポリソルベート60が使用されているからです。

美容
クレムドアンの感想をまとめました。

コメント